フープフラフープ

はらの趣味です

たくさん抱えていたい

 

 

全然大丈夫じゃないかもしれないときが定期的にたまにくる。かっこ悪いし往生際が悪いと思われたくなくてずっと大丈夫なふりをしていた。でもなんのために匿名でブログやってんだって考えたら、綺麗な自分を作り上げるためじゃなくて自分のあたまを整理して見つめ直すためだったじゃんって思い出して、往生際が悪いと思われてしまうような話を書くことにした。

 

どこが好きなのかを誰にも話したことがなかった。相手にすら言わなかった。嬉しかったことも嫌だったことも好きなところも苦手なところも、大事なことは全部自分ひとりの中に隠していた。言おうと思えば文句も無限に言えるけど、好きなところも無限に言える。でも自意識が邪魔してそれができない。だからこうやって気づかないうちに感情が捨てられないゴミ袋の底で熟成されて、腐ったそれが知らないうちに袋に穴を開ける。もうわたしひとりでは片付けられないから、知らないだれかが読んでくれるかもしれないところで片付けたい。Twitterで部屋片付けますってツイートするとちょっとやる気出て片付けられるみたいな、そういうこと。

 

好きなものの話を楽しそうにしてくれる人で、その人の好きなものを共有するのが楽しくて大好きだった。知らないことに引け目を感じているわたしに、「あなたが今生まれて初めてこの曲を聴けることがとても羨ましい。私にはもうできないことだから」と聴かせてくれたことが、新しいものに触れる勇気をくれた。だけど、わたしからなにかを薦めることは怖くてできなくて、それが全てだったんだと思う。何が怖いってそれもよくわからないんだけど、あなたのことが怖かった。あなたに失望されるわたしになるのが怖かったのかもしれない。

 

世界を広げてくれたそれらの作品たちに、離れてからは触れられなくなってしまった。ひとつひとつに思い出がありすぎて、触れてしまったら保てなくなってしまいそうで視界から外してきた。だけどそれももう限界になってきている。わたしが飛び込みたいと思う世界には、或いは好きでい続けたい場所には、避けては通れないくらいには思い出の染み付いたあれこれが転がっている。そりゃあそうよ、好みと生活が似ているからあんなに距離が縮まったんだもの。これから好きになるものの中にそういうものたちが紛れていることは当たり前のことだし、だからこそ触れる勇気を持たなきゃいけない。そうしないと思い出が顔を覗かせる度に傷つかなきゃいけなくなる。そんな風に自分を擦り減らすのなんて間違ってる。そんなことで好きが広がらなくなってしまうのはもったいないことだと思うし、とかって言い訳をして、聴きたくない聴きたくないと思っていた曲を流している。歌詞を見なくても歌えるくらいには繰り返し聴いた曲だった。案の定それはもう涙が出てきたけどやっぱめちゃくちゃにいい曲だった。当時よりもずっとその曲を好きでいることが皮肉で不思議で嬉しかった。なんかたぶん、もう大丈夫な気がした。

 

いい加減これでおしまいにしたい。あの日バックアップをとってしまった感情に初めて向き合えている気がする。えるしっているか、バックアップって上書きできるんだぜ。

 

そうしなきゃ駄目な時が来る

 

 

 

今の職場を辞めたいとずっと思っている。

生活を作るという意味で仕事によって生かされているなとも思っているから働くということがわたしにとって大切なことだっていうのもわかってはいるのだけれど、2年とちょっと前に今の職場になってから夜ちゃんと眠れなくなり胃が痛くなり髪の毛の状態が最悪になったのでわたしにとってここはすごくよくない場所なんだと思う。

 

 

職場の偉い人と面談があった。

泣くのを我慢しながら、失礼にあたらないよう注意を払って、すごく勇気を出して今が辛いことを伝えて、どういったことを辛く感じるのかも頑張って説明したつもりだった。

解決は求めていなかったので解決策が提示されないのは別によかった。でも面談の最後に「元気そうでよかった、大丈夫そうだね」と言われて、びっくりして「はい」としか言えなかった。気持ちを伝えて理解を得るということのあまりの難しさにマスクの下でちょっと笑ってしまった。

普段猫背で死ぬほど元気がないのに、相手が偉い人だから緊張して背筋が伸びてバカみたいにハキハキにこやかに喋ったのもよくなかったのかもしれない。でも偉い人と脱力して喋るのはわたしにはちょっと無理なことだったよ。

合わないので来年辞めますって、それだけスパッと言えるような人間だったら良かったのに。

 

 

今日からフジロックが始まったみたい。配信がやってるんだって。

去年の夏、前の家の台所で椅子に座ってフジロックをみながら煙草をげほげほぷかぷか吸っていたことを思い出す。水色革命が流れていた。

支えてくれた友達からたくさんのものを貰ったはずなのに、あれから一年が経ったとは思えないくらい、結局わたしは何も変わっていない気がする。

いろんなことが懐かしくなって、好きな曲を流しながら台所で久しぶりに煙草を吸った。こうやってたまに過去をなぞりたくなる。いろんなことを思い出す。そういう懐かしさといっしょに、吸い殻を缶の入れ物に押し込む。またこのフタを開けるまで、今日みたいな日を思い出すことはないんだろうな。

 

 

2ヶ月ぶりにギターを弾いた。

力も入らないし指も痛いしで全然弾けなくなっていたけれど、拙いながらも弾き語りをすると曲の違う面が見えてきてやっぱりとても楽しい。

何曲かだらだら弾いてたら、この曲のギターはこんなにかっこよかったんだなぁと初めて気づいた曲があって、なんとなくApple Musicで歌詞を読みながら聴いていたら涙が出てきてしまって、わけがわからないまま泣いた。そのことを残さなきゃと思って、ほんとはもう寝なきゃいけないのにざざっとブログを書いている。

 

 

後ろで鳴っているギターがすごくかっこよくて、2番のAメロのアルペジオが好きです。弾けるようになりたい。

 

歌詞を読んで泣きながら聴いた曲は大切な曲になる。もう既に好きな曲ではあったけど、もっと大切になって大好きになった。

まじで色々無理になってたけど、明日も仕事を頑張りたい。頑張らないといけない。

頑張りましょう。

 

 

 

追尾

 

木曜日の仕事帰りは駅までバスに乗るのだけど、今日は良い時間にバスがなかったので歩いて帰ることにした。全部で2kmくらいの一本道の途中に喫茶店があるのでそこでほうれん草のパスタを食べて、そこからまた駅までの道のりを歩く。

人ひとりとすれ違えるくらいの太さの歩道で、わたしのすぐ前を二人の女の人が縦に列をなして歩いていた。追い越すほど急いでもないし元気もないので、歩くスピードを少し落として列に加わる。先頭は白Tシャツに薄ピンクの短パンの背の低い初老の女性、お散歩の出立ち。続くのは紺Tシャツに色の薄いデニム地のスキニーパンツの背の高い中年女性、お買い物の出立ち。そして最後尾は緑Tシャツにこれまたデニム地のワイドパンツの平均身長のアラサー女のわたし、暇そうな人の出立ち。

一定の間隔をあけて連なる三人はまるで小学生の登下校の列みたいで、少し楽しく懐かしくなりながら二度と思い出さないような取るに足らない考え事をする。お買い物の出立ちの人がわたしと同じような理由で列をなしているのであれば全く知らない人同士で登下校の列を組む不思議で少し愉快な現象が起きていることになるのだと思うと、謎の高揚感が生まれる。

そうこうしていたらお散歩の出立ちの人が右手を後ろでヒラヒラさせてから左折し、お買い物の出立ちの人もそれに倣って左折した。二人は日高屋の中に消えていき、わたしだけが直進を貫いた。その時に生まれた寂しさとはまた違う名状し難い感覚の余韻を連れて帰り、「あの二人が一緒に歩いてたんならわたしただの追尾する不審者じゃん」と気づいたのでこの気持ちを昇華させるためにブログにしたためたよ。

 

 

黄色い花を飾ろうよ

 

 

 

最近ちょっと生活ができるようになって自炊もし始めたのに、まただめになってしまった。寝たら明日になって仕事に行かなくちゃいけなくなるのが嫌で無駄に夜更かしをして、翌日眠くてしんどいみたいな毎日を繰り返している。その反動で、日曜日はだいたい寝て終わる。

いろんな嫌なことがあって、そこに将来への不安と無力感が合わさって、わたしは一体何がしたいんだろうという虚無感に襲われることが定期的にある。

 

映画を観るのは楽しい。けど楽しくないこともあるし、何も感じないこともある。感想をfilmarksに書いて、たまにラジオで話す。こうして、わたしが映画を観た、という記録が残る。記録だけが残る。

 

繰り返す日々でできたつまらない人生の中に、強みとか特徴とか、何かそういうのが少しでもなくちゃいけない気がして、追われるようにコンテンツを追う。楽しむための手段だったはずのものが消費という目的になってしまっている。費やして消えるってなんて悲しい言葉なんだろう。

 

 

今日はBUMP OF CHICKENの3年ぶりのライブに行く。母が熱心なファンなので、バンプがライブをすれば毎回必ずチケットを取って誘ってくれる。非常にありがたいのだけれど、自分の根底を形成した音楽を久しぶりに目の当たりにして心が揺れているところを母親に見られるのは恥ずかしくて居心地が悪くもある。

バンプに限らず最近行ったライブではだいたい泣いているので、わたしは今日も泣いてしまうのだろう。

 

わたしがバンプを聴き始めたのは涙のふるさとのエアーズのCMをやっていた頃で、わたしの中のBUMP OF CHICKENは今もあの頃のBUMP OF CHICKENだ。なんとなくCOSMONAUT以降とそれより前に境目があって、それがいいとか悪いとかではなく、わたしの中ではそうなっている。たぶん、その頃から部屋で泣きながら歌詞カードを読んで音楽を聴くということをしなくなったからだと思う。

高校生になったわたしは軽音部に入って、音楽に救いではなく楽しさを求めるようになった。部活のライブで楽しめるように、知らない曲がないように、音楽を「予習」するようになった。その結果好きなものの幅が広がったし、高校生のときに好きだった音楽は間違いなく今のわたしを形成しているけど、自分の「好き」に「消費」の側面がうまれたのはあの頃からだったんじゃないかと思う。

 

電車の中で、ライブに向けて新しい曲を聴いている。天秤が掲げた方を捨てるしかなかった藤原基央が「正しさは変わりゆくし、自分がそれに当てはまらなくてもいい」ってかんじの歌詞を書いている。そりゃ、取るもんな、歳。歳取ったらいろんなことがあるよね。たくさん経験してたくさん考えて、いろんな許しを得ていろんなものを許したんだろうな。

 

最近のBUMP OF CHICKENの曲たちに感じていることと一年前にシンエヴァに感じたことの性質はたぶん同じもので、思春期の自分に寄り添ってくれた存在がわたしを置いて先に行ってしまったような感覚なのだと思う。

昨年わたしは、orbital periodを出したBUMP OF CHICKENと同じ年齢になった。いろいろ思うところがあって改めてバンプの曲を聴くようになって、中学生のわたしには意味が理解できなくて好きじゃなかった曲を好きになったり、歌詞に思うことが変わっていたりして、自分も少しずつ変わっていってるのだと感じた。

新しく変わっていくひとやものを、無理に好きになろうとしたり受け入れようとしたりしなくていい。バンプエヴァに置いて行かれたのではなく、ただちょっと先で待っていてくれていただけだと思うから。これからもゆっくり後ろを歩いていけばいい。

わたしがもっと大人になって今聴いているこの曲の違った表情に気づくことができる日を楽しみにしているし、こうやって小さな生きる意味を少しずつ重ねていけたらいいな。

 

 

そして今、ライブが終わって電車でブログの続きを書いている。

25周年記念ライブなので、バンプの誕生から今までのアルバムをめくっているようなライブだった。隣の女の子がずっと号泣する横で、わたしもまぁまぁずっと泣いていた。

すごくすごく考え抜かれたセットリストだったと思う。俺たち4人でBUMP OF CHICKENなんだという意思を感じた。

誰かとライブの話がしたくて仕方がない。

 

これはネタバレにならないと思うので書いちゃうけど、藤原基央の「健やか穏やかにするといい」という言葉が非常に良かったので、帰ったら健やか穏やかにしようと思う。

 

健やか穏やかに。良い言葉だ。

 

 

 

 

今だけはここにあるよ

 

 

平家物語をやっと観終わった。

これは生活のアニメであり、生活の延長にある人生の小さな喜びや悲しみを大切にしたくなるものだったから、わたしも生活をやりたいと思った。

 

だから普段ならウーバーイーツを頼むところをコンビニまで足を伸ばして皿に出して食べるタイプのお惣菜を買い、お気に入りの中井窯の皿に盛り付けて食べた。

絶対に今日中に皿を洗ってから寝ると決意したら実際に洗うまでに深夜の1:00になってしまったけれど、今までの状態から「盛り付ける」「その日に皿を洗う」をちゃんとできるようになったのは大きな進歩。えらい。

できたらまた自炊ができるようになりたい。

生活

生活

 

皿を洗った後は、しばらく前に回しておいた洗濯機の中身を干さなくてはいけない。

ただ単に家事をするというのは苦痛だから、皿を洗う時も洗濯物を干す時も、家事をするときは基本的にラジオを流している。

 

最近のお気に入りラジオはダウ90000の900000000というラジオなのだけど、これは通勤の時に聴くと決めている。

すごく好きで楽しいけれど、家で聞くのはなにかが違う。

仕事と日常の間を繋いでスムーズに気持ちを切り替えられるようにしたいのかもしれない。

いや、ただ単に少しでも仕事の嫌さを忘れたいのかも。これから行く仕事への想像する嫌な気持ちと、終わった仕事への思い出す嫌な気持ち。

このラジオを聴いている間は頻繁ににやけてしまうので、(にやけながら車を運転する人間、怖いだろうな)と思いながら運転していて、そうするだけでちょっと嫌な気持ちが薄れる。

 

そういうわけで900000000は通勤用なので、今日は内山昂輝の1クール!を聴くことにした。

これもTwitterのタイムラインで推されていて聴き始めたラジオで、初回放送からちまちま聴いてシーズン3の12まできている。2015年の放送というのだから、そこから今までずっとラジオを続けているということが本当にすごい。

特に好きなのは内山さんの好きなものを紹介するコーナーで、映画評の回を楽しみにしている。どういう映画でどこが見どころなのか、何がどう面白かったのか説明するのがとても上手で、見習いたい以前に聴き入ってしまう。観たことのある映画ならより楽しいし、知らない映画であれば観たくなるのでフィルマークスでクリップしておく。

 

たまに節々の話し方が内山さんに似てきているなと思うことがある。それと同時に、一年前に別れた人の話し方にも似ているところがある。他にも前の職場の同期とか、友達とか、読んでる本のキャラクターとか、一定期間よく関わった人の話し方がしばらくうつってしまう。

コンビニ人間という小説がある。その主人公は発達障害で表情の作り方や話し方の正解がわからず、他人のそれをコピーして人と関わっている。わたしにもその気があるのかもしれない。

だから昔から少し芝居がかったところがある。

自分のそういうところが嫌い。全部、無意識なんだけどね。

 

話し方だけじゃない。好きなものだったり、癖だったり、姿勢や歩き方だったり、そういうハッキリ表に出にくい部分にも、関わった人たちの一部がうつっているのを自覚することがある。

 

わたしは、すきな人たちのすきなところでできている。

そう思えばこの無意識の取り込み癖も少しは好きになれるかもしれないね。

 

などと考える夜、既に2時をまわっている。

昨日気付いた背中のできものが痛い。

寝なきゃ〜

 

 

タイムラインとダウ90000

 

 

こないだ、ダウ90000の「10000」に行ってきた。

 

f:id:suimin2:20220602155059j:image

チケット取れた時からずっとこれのために生きていたまであるくらい楽しみにしていた。

 

ダウ90000、M-1の前くらいからタイムラインで名前を見かけるようになって、YouTubeのコントが面白くて好きになって、「ずっと正月」は配信で観たのだけどそれも面白くて、次の単独は絶対に行こうと決意しての今回。

 

結果めちゃくちゃに面白くて大満足だった。

終わった後「何を楽しみに生きたらいいんだ…次の単独公演まで待てない…」とちょっと虚無になってしまった。日頃何かに対して楽しい面白いと思うことはまぁまぁあるけれど、これは本当に飛び抜けて面白かったから。

こんなに本気で笑ったのなんていつぶりだったんだろうな。みんなで笑うっていいな。

f:id:suimin2:20220609161739j:image

(ステージの写真、撮影OKだったので)

 

ただ面白くて笑えるだけじゃなくて伏線回収やアハ体験もあるし、観た後に色々な感情と思いが生まれるのもすごい。良質なオムニバスムービーを観た後みたいな気持ち。

 

アンケートに感想書きじゃくってたら終わった後わたしともう一人の男の人しかいなくなってて、スタッフさん達に申し訳なくなりながら会場を後にした。

あれがよかった、これがよかったって話をしたくて、一人で来たことをちょっとだけ後悔した。

同時に感じたことを自分の中だけにしまっておきたい気持ちもあった。それは羞恥心や悲しい思い出からくる部分もあって、こんなふうに人が恥ずかしくて悲しくて心の奥に隠しておいたものをコントとして笑いに変えてくれることがすごくありがたくて楽しい。

これはきっと「愛がなんだ」とか「勝手にふるえてろ」を観た時の感覚と近い。

 

 

 

Twitterでフォローしている方々の「好き」の信頼性が高すぎてありがたい、という話。

ダウ90000は、タイムラインを見ていなかったら公演に足を運ぶ程好きにはなっていなかったと思う。

そもそも知らなかったというのもあるけれど、知っていたとしても「フーン」から「見てみよう」までの距離が長いので、推してる人がいてくれると「見てみよう」までの距離がぐっと縮まる。

「ずっと正月」の配信を購入したのも、配信を見た人の感想ツイートを読んだのがきっかけだった。

友達でもないし会ったり話したりしたことがあるわけでもないのにこんな風にわたしの人生に少なからず影響が出てるわけだから、インターネットってすげーよな。好きなものが増えるって結構なおおごとだよ。

 

こないだ、フィルマークスで好みのレビューを書く人がいたのでフォローして、Twitterもみつけてフォローしたら、プロフィール画面に「◯◯さん、◯◯さん、◯◯さんにフォローされています」って表示されていてびっくりした。いや、いやいやそんな偶然あるんだ。

すごく素敵な隠れ家的な店をたまたま見つけたら、目立つ方ではないけどめちゃくちゃセンス良い同じクラスの人が先客としていた、みたいな気持ち。嬉しい。

 

 

 

事故

 

車を縁石にぶつけた。

 

左に曲がるときちょっと急いでて、それなりのスピードで曲がったら縁石が車の下の縁とタイヤにガッガッといってしまった。

車を停めて確認したら、オレンジ色の反射板みたいな部品が大破して散らばっていた。

 

こうして成人になってから初めて警察のお世話になった。警察記念日。

 

色々見てもらって、おまわりさんに「これ(反射板)はあなたのせいじゃないですね、違う人ですよ」って言われて、(違う人、届け出ろよ)と思った。

(物を壊したから、減点されてお金取られて捕まるかもしれない。でもスルーしたら、バレたときもっと罪が重たくなってしまう…)とまぁまぁ悩んだわたしの気持ちを返せ。

 

ベテランドライバーの同期にその話をしたら、「あるある。乗り上げちゃったこととかあるよ。左側の感覚難しいよねえ〜」と言われて、かなり気持ちが軽くなった。

たったこれだけの共感がここまで罪の意識を軽くするとは。ありがとね。

つまり多少ぶつけても気にしなくていいってわかって、良かった。いや、気にはしてるよ。事故ってからめちゃ気をつけて左折してるよ。

でも別に、何も壊していない単独事故は悲しくなるくらいの罪悪感を伴うような大事件ではなかったらしい。

 

乗っていたのは母の車なので、その後母に報告した。

母が一生懸命貯金してやっと買った車だから怒られるかなぁと思っていたら、体の心配をされた。

非常に申し訳ない気持ちになった。

少し実家に帰りたくなった。

 

 

 

 

野菜が高い、という話をきいて、自分が生活をしていないことに気づく。

引っ越してからまぁまぁ料理を頑張っていたのに、5月の半ばにゴミを腐らせて食器をカビさせてから嫌になってしまってめっきり作らなくなってしまった。一年前に辞めたはずのイーツパスに再登録してしまった。山積みの洗濯物。ベッドカバーも洗えていない。床には本やパンフレット、フライヤー、明細や請求書が散らばっている。引っ越しの段ボールは、ほとんどがそのまま残っている。公共料金が払えなくて、つい二日前に電気を解約された。

 

生活とは、どうしてこうも難しいのだろう。

だらしがないね。

 

それでも映画を観たりお出かけをしたりはできているので、わたしの「できる」ピラミッドの土台は本来あるはずの生活ではなく趣味で固められている可能性が高い。

んで、仕事が忙しいと趣味もままならなくなるから、さらにその下に仕事が陣取っている。わたしはきっとこういうピラミッドでできている。

f:id:suimin2:20220607003319j:image

めちゃくちゃ嫌だ。

絶対逆じゃなきゃいけないのに仕事がどう頑張っても一番下に来るのがムカつく。

仕事なんかしたくない、仕事、嫌いだよ…